仕事の内容

 

 

仕事の内容

 

 

食の開発

野菜・果物の素材の持ち味を生かしたメニュー開発を行っています。

【活動例】
大阪府松原市の大阪エコ農産物・松原ブランド野菜「まったら愛っ娘(まなっこ)松原育ち」サイトで2011年6月~2012年5月に毎月1回健康レシピを更新しました。
これまでに大阪の老舗有名ホテル内のレストランシェフとのコラボイベントで生み出されたメニューを企画し商品化されました。この商品は、同ホテル内のブティックで販売されていました。
農産物商品開発セミナーで披露したアイデアが実際に商品となり直売所の店頭に並んでいます。
 
 

アドバイザー

生産者(作る人)のメッセージを生活者(食べる人)に伝えるためのご支援を行っています。

【活動例】
「宝塚ブランドにかかる懇話会委員(農産物の商品開発)」に任命され、宝塚ブランドの構築および兵庫県宝塚市北部西谷地区の活性化に取り組んでいます。
2008年~「天王寺蕪(てんのうじかぶら)」や「毛馬胡瓜(けまきゅうり)」といった「なにわの伝統野菜」や、「八尾若ごぼう」「八尾えだまめ」「大阪いちじく」といった「大阪産(もん)野菜」を紹介するイベントや講座を企画・開催しています。
京都府木津川市山城町商工会青年部のご当地B級グルメ「京都やましろ筍バーガー」の商品開発アドバイザーを務めました。
 
 

講 師

自らテキストを作成し「食」についてのセミナーを行っています。取得資格を生かし、野菜や果物、日本茶や雑穀の美味しさや魅力を伝えることが得意です。茶道やテーブルコーディネートのエッセンスを取り入れることもできます。

【テーマ・内容】
旬の野菜や果物の見分け方、栄養価、保存方法、調理法、食べ比べなど
伝統野菜や地場野菜の歴史やストーリー
新顔野菜の魅力や食べ方
地元農産物を使った料理
  野菜たっぷりの行事食の料理
【活動例】
自宅では少人数制で月1回、「1日に野菜350g、果物200g」を上手に摂取するコツなどの健康的な食べ方提案と簡単な食事をご提供する会を企画・運営しています。
日本野菜ソムリエ協会直営の料理教室(大阪)のアシスタントをしていました。
有名ホテル内のレストランシェフ、ミシュランガイド1つ星レストランシェフとのコラボイベント、野菜セミナーの企画や講師も担当しました。
 
 

執 筆

野菜・果物を中心とした料理レシピ、旬の野菜を食べるメリット、伝統野菜の将来性等のコラムを執筆しています。実際に、自分の目で見て、触って、食べて、新しく発見したこと、感動したことをお伝えしています。

【活動例】
大手飲料メーカーの野菜ジュースのペットボトルのラベルに野菜と果物のショートコラムが掲載されました。
関西テレビ「よーいドン!」の人気コーナーの書籍、『プロが教えるとっておきオススメ300』や続編の『オススメ300お取り寄せ・手みやげ篇』で、野菜の美味しい飲食店、野菜スイーツのお店、フルーツたっぷりスイーツのお店、厳選お取り寄せ果物を紹介しました。