食材の教室

ブロッコリーのお話

(broccoli)

【プロフィール】 profile
高い栄養価とその効果が証明され、今もっとも注目されている食品のひとつのブロッコリー。

原産地は地中海沿岸で、アブラナ科アブラナ属の野菜です。

花芽の部分が大きくなる野生のキャベツを改良して生まれ、大きなつぼみのかたまり(花蕾)と茎を食用とする、カリフラワーと同じ花野菜です。

日本へは明治時代に導入されましたが、一般的になったのは1980年代のアメリカでの健康ブームの後。

旬は冬から春先にかけてですが、海外からの輸入も多く、1年中出回ります。

主な生産地は、北海道、愛知、埼玉。


【栄養について】 nutrition
ビタミン、ミネラルを多く含みますがビタミンCが特に多く、葉酸も含んでいます。胃腸薬の働きをするビタミンU(別名キャベジン)などの成分も含んでいます。

抗酸化作用と解毒作用によりがんを抑制するというスルフォラファンも入っており、毎日食べたい野菜です。

「イソチオシアネート」などの成分が消化器系のがんを、「クロム」が糖尿病を予防するとして注目を集めており、がん予防や血管のアンチエイジング(抗加齢)に大活躍です。

ブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいので加熱は短時間で、塩を加えて茹でるとビタミンCの損失が抑えられます。

茎は加熱すると甘みが増しておいしくなり、食物繊維も豊富なので捨てずに無駄なく食べましょう。


【見分け方】
つぼみの一粒一粒がかたく引き締まり、密集しているもの。
つぼみの緑色が濃いもの。(紫がかったものは寒さにあたり甘く、黄色くなったものは古い。)
形がこんもりと丸く、盛り上がったもの。

茎の切り口がみずみずしく、スが入っていないものを選びましょう。


【保存方法】
日持ちがせず黄変しやすいので、買ったらすぐにラップにくるみ、冷蔵庫で立てて保存しましょう。小房に分けて固めに茹でて、冷凍庫で保存できます。


【山口晴子のオススメ】
「ブロッコリーロマネスコ」
イタリアの伝統品種で、別名「うずまき」、「さんごしょう」。


<コメント>
黄緑色のピラミッドの集合体のようで、「世界一美しい野菜」といわれています。
一般的なブロッコリーとカリフラワーのような色で、茹でると少し「ねっとり感」があります。