食材の教室

キウイフルーツのお話

(kiwifruit)

【プロフィール】 profile
マタタビ科マタタビ属。原産地は中国南部。
12~4月の国産のものとニュージーランド産で1年中出回っています。
別名「チャイニーズ・グーズベリー」と呼ばれるキウイフルーツは、中国を訪れた女性旅行者がその種をニュージーランドに持ち帰り、農夫達により品種改良され現在のキウイの原種が誕生しました。その後、ニュージーランドの国鳥で絶滅が危惧されている飛べない鳥「キウイバード」に似ていることから、「キウイフルーツ」と改名されました。
 日本では、ミカンの転換作物として盛んに作られるようになり、高品質の新品種も多く出回っています。一般的なヘイワード種の他に、ゴールド、香緑(こうりょく)、レンボーレッド、アップル、ベビーキウイなどの品種も期間限定で店頭に並びます。

 

【栄養について】 nutrition
ビタミンC、E、食物繊維、カリウムが豊富に含まれ、美肌作りや風邪予防、便秘や免疫力低下の解消、高血圧予防などの効果が期待できます。
 たんぱく質分解酵素アクチニジンを多く含んでおり、肉や魚などのたんぱく質を分解する効果に優れています。熱を加えるとこの酵素の働きがなくなるので、肉料理のデザートに生食で食べるのがお勧めです。

 

【見分け方】
びっしりと茶色の毛におおわれているもの。
きれいな楕円形で、デコボコがないもの。
かためのものを選び追熟させ、香りが出てきてやわらかくなったら食べごろです。

 

【保存方法】
熟していないものは常温におき、追熟させます。
ポリ袋のなかにリンゴやバナナと一緒にいれて密封すると、エチレンガスの効果で追熟が早まります。

 

【山口晴子のオススメ】
「ゴールドキウイフルーツ」
果肉が黄色く、酸味が少なく、甘みが強い品種です。

 

<コメント>
酸味が少ないので、購入してすぐに食べたい時にお勧めの品種です。