美味しいレシピ集

干し野菜を使った筑前煮

<材料(4人分)>(赤字はセミドライ)

 

鶏もも肉・・・1枚(約250g)
しいたけ・・・4枚
ごぼう・・・1/2本(約100g)
れんこん・・・100g
 ごぼうとれんこんをさらす酢・・・少々
にんじん・・・小1本(約100g)
こんにゃく・・・1枚
 こんにゃくをもむ塩・・・小さじ1
サラダ油・・・大さじ1
酒・・・大さじ3
だし汁・・・1と1/2カップA(砂糖・・・大さじ1  みりん・・・大さじ2)
しょうゆ・・・大さじ4


<作り方>

【下準備】

・鶏もも肉・・・余分な油と皮を取り除いて、4cm角に切る。

 

【干し野菜(セミドライ)】朝10:00ごろ~15:00まで天日干しする。

・しいたけ・・・石づきを取り除き、ペーパーで汚れをふいて半分に切り、天日干しする。
・ごぼう・・・皮をこそげて乱切りにし、酢水につけて、水気をよく拭いて、天日干し。
・れんこん・・・皮をむいて乱切りにし、酢水につけて、水気をよく拭いて、天日干し。
・にんじん・・・乱切りにして、水分をふいて、天日干しする。
・こんにゃく・・・スプーンで一口大にちぎり、塩でよくもみ、水洗いして鍋に入れ、ひたひたの水を加えて中火にかけ、煮立ったら火を弱めて5分ほど茹でザルにあげて、水気をふきとり、天日干しする。

 

(1)鍋にサラダ油を熱して鶏肉を入れて両面をこんがり焼きつける。
(2)しいたけ、ごぼう、れんこん、にんじん、こんにゃくを加えて炒め酒をふる。(※この部分の炒める時間が約半分に短縮できます。)
(3)だし汁を加え、煮立ったら火を弱めてアクを取り、みりんと砂糖を加え、落としぶたをし、さらに鍋のふたもして10分ほど煮る。
(4)しょうゆを加えて混ぜ、ふたをして15分ほど煮る。

 

<ポイント>

【干し野菜の特徴】

(1)旨味・甘味、食感が変わる
甘いものは甘みがさらに増し、酸っぱいものは酸味が抑えられます。
野菜の水分が抜けて味が濃厚になり、おいしさアップ!

 

(2)栄養価がアップ!
しいたけは、日光に当てるとビタミンDが生成されます。
他の野菜も干すと量を多く食べられるので、栄養分を多く摂れます。

 

(3)調理時間を短縮できる
水分が抜けた分味が染みやすくなり、調理時間が短くなり、調味料の使用量も少なり、エコや節電に繋がります。

 

(4)長期保存ができる
干ししいたけや切り干し大根、干し柿などは元々は保存食。
1日干すだけのセミドライでも冷蔵庫で4~5日間保存ができます。